清水歯科 藤沢院
  • ご予約・お問い合わせ

MENU

先進の口腔内
光学3Dスキャナー

iTero

藤沢市の歯医者 清水歯科 藤沢院では、短時間で高精細なスキャニングが可能な
ペン型口腔内デジタルスキャナー「iTero(アイテロ)」を導入しています。

  • 粘土のような材料を口に入れる型取りが不要
  • 高精度のデータで細部までしっかりと確認できる
  • スピーディーに治療を進めることが可能

型取りの負担を大幅に軽減

マウスピース型矯正装置、
インプラントのサージカルガイド、
詰め物や被せ物などの治療にも活躍

型取りをもっと素早く快適に

従来の印象材による型取りで不快な経験された方も多いのではないでしょうか。粘土のような型取り材をお口に入れて一定時間静止する必要がある従来の型取りは、嘔吐反射の強い方には特につらい作業だったと思います。
近年、そのようなつらい型取りを解消するための研究により、光学印象というスキャンによる型取りが開発されました。わずか1分程度お口の中をスキャンするだけで歯型を採ることができます。
また、精密なスキャニング技術で得た情報を元に作られるマウスピース及び補綴物(被せ物や詰め物など)は高精度な仕上がりで、より良い治療に役立ちます。
さらに、従来の型取りの場合、模型を輸送する時間がかかってしまうため仕上がりに数週間待つ必要がありましたが、スキャナーなら採取したデータ情報をインターネットで送ることができるため製作物の納期を早めることができ、治療をスピーディーに進めることが可能です。

iTeroでの型取りの主な流れ

  • *
    iTeroで撮影

    ペン型の口腔内スキャナでお口の中を直接計測し、咬み合わせや歯の形状、歯並びなどのデータを採取します。歯石や咬み合わせの不調による歯のすり減りなども確認することができます。

  • *
  • *
    撮影データを確認

    撮影したデータから治療のシミュレーション、治療計画、矯正用マウスピースの作成などを行います。マウスピース作成の場合、歯型を輸送する時間が省けるため作製時間が大幅に短縮されます。

  • *
  • *
    スピーディーに治療開始

    データを元に作製されたマウスピースや補綴物を実際に患者様のお口に装着します。iTeroで撮影したデータは医院で管理しており、経年比較による治療予測や今後のリスク管理に役立たせます。

iTeroの特長

  • 高精度のデータで細部まで再現
    *

    従来の印象材での型取りは歯の輪郭が明確に再現できないため、歯型の精度にバラつきが生じる恐れがありました。しかし、歯の細部まで再現できるiTeroでのスキャニングでは高精度のデータを得ることができ、より精度の高いマウスピース及び補綴物を作製することができます。 また、デジタルデータのため採取した歯型が変形してしまう恐れもなく、精密性・正確性に優れた歯型をとることができます。

  • 不快感の少ない安心の型取り
    *

    従来の粘度のような歯型の材料を使用しないため、不快な味・ニオイ・感触を我慢する必要はありません。また材料が固まるまでの間静止する必要もないので、負担がかからず短時間で歯型を採得することができます。
    口を大きく開けづらい方や嘔吐反射(えずき)がある方も安心していただけます。
    また、お口の中に入れるスキャナーの先端部分に装着しているビニールは使い捨て(ディスポーザブル)で、患者様ごとに取り替えていますので衛生的です。

  • スピーディーに治療を
    進めたい方に最適
    *

    スキャン時間はわずか1分程で、その場でデータを確認できるため歯型の取り直しによる再来院などのお手間をかけることはありません。
    また、矯正装置や入れ歯・被せ物などの補綴物を作るために、従来では型取り後に石膏模型を作製して院外の技工所やメーカーに輸送する必要がありましたが、iTeroならインターネットですぐにデータを送ることができるため、治療を始めるまでの待ち時間が大幅に短縮されます。
    輸送中の石膏模型の破損や変形の心配が無く、精密なデータを瞬時にやりとりできるのです。

*

for invisalign

iTeroでインビザライン矯正を
より正確・スムーズに!

*

現在、マウスピース型矯正「インビザライン」に対応している口腔内スキャナーはiTeroのみです。iTeroによる精密で正確な歯型から作製されるマウスピースはトラブルも少なく、矯正治療の成功率にも貢献しています。また、スキャンしたデータを元に、歯並びやかみ合わせの状態をその場で3Dで確認することができます。矯正後の歯並びの事前シミュレーションを行うこともできるため、現状の問題点や治療での改善点などを患者様ご自身の目でご確認いただけて、納得した上で治療を開始することができます。

※マウスピースは厚生労働省に認可を得た材料を使用していますが、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
ページの先頭へ戻る