顕微鏡(マイクロ)を用いた歯科治療は必要か?

冷たいものがしみるのを理由に来院された患者さんです。

肉眼では分かりにくくても拡大していくと銀歯の下が欠けてしまい、そこから虫歯になっていることが分かります。

『あやしいから銀歯を外して見てみましょう』ではなく、確実に拡大して悪い所を確認できたので患者さんからも納得して治療を受けて頂く事ができました。

顕微鏡を歯科診療で用いるメリットは

①正確な治療が素早く出来ること

②患者さんに状態を拡大して見て頂く事で、ご自身の状態を正確に理解しやすく納得、安心して治療を受けることができる

以上の2点が非常に大きいと考えています。

ご自身の歯の事で不安を抱えていたり、悩みがある場合は是非、ご相談ください。

 

 

清水歯科藤沢院  院長 清水勇気