歯周病による早産や低体重児を引き起こすリスク

無症状で気づきにくい歯周病

歯周病はギネスブック認定されるほど全世界で感染者の多い病気です。その背景には歯周病という病気が自覚症状無しで進行してしまうことがあります。

この歯周病が生まれてくる赤ちゃんに多種多様な悪影響を及ぼしてしまいます。

代表的なものとしては、早産低体重児出産などが挙げられます。

早産、低体重児出産のデメリットとしては、身体の成長が遅れてしまう。顎や歯並びなどの発達障害などが挙げられます。

妊娠中はホルモンバランスの乱れが起きやすく歯周病の進行が早いため、症状が出る前の予防が重要になります。現在歯科医院受診されていない妊婦さんは清水歯科藤沢院へ是非、御相談ください。