金属の詰め物がとれてしまった。

清水歯科藤沢院  清水勇気です。

金属の詰め物がとれた内部の状態を今日は、お見せします。この患者さんは金属の詰め物がとれてしまい、もう一度着けて欲しいという事で来院された患者さんです。

下に掲載している写真は金属が外れた部分を顕微鏡で拡大して虫歯があるかどうかを確認している所です。青色に見える箇所は虫歯の部分を分かりやすく染色する液体で虫歯のチェックをしたところです。

この画像を患者さんに見て頂き虫歯が銀歯の下にある事を一緒に確認しました。もう一度古い銀歯を入れるのではなく治療をやり直していく事を納得して決めて頂きました。

銀歯を持っていったら、虫歯があるから入れられません。だから治療をやり直しましょう。と言われても、何だか釈然としない。納得いかないまま治療を進めていくのは嫌ですよね。それは、患者さんも我々歯医者さんも同じ気持ちです。

では、なぜ説明を受けただけでは、納得して治療を受けられないのかを考えると「それはおそらく、悪いと言われても、どう悪いのか、どのような状態なのか分からないので自分の目で見ないと納得いかないのでないか」と思います。なので極力、御自身の状態を理解、納得して頂き治療の方法を自分で決めて頂けるように実際の状態を顕微鏡を用いた動画でご説明しております。

ファイルのサイズの関係で動画をご紹介できませんが、実際には下のような静止画ではなく動画でご説明しておりますので、ご興味がある方は一度、清水歯科藤沢院に御相談ください。

 

清水歯科藤沢院は藤沢駅南口より徒歩3分にございます。

電話番号 0466-52-5537むし歯治療画像   清水歯科藤沢院むし歯治療 銀歯を外したあと   清水歯科藤沢院